知財ニュース

特許庁:特許出願技術動向調査の公開 – 弁理士さわべゆみこブログ – さわべ特許事務所

平成27年度の特許出願技術動向調査が発表されました。
http://www.meti.go.jp/press/2016/05/20160525001/20160525001.html

特許庁では、今後の進展が予想される技術テーマについて、特許出願情報に基づいた技術動向調査を毎年実施しています。

平成27年度の調査実施テーマ(通常型テーマ)は、次の通りです。
・情報セキュリティ技術
・航空機・宇宙機器関連技術
・パワーレーザ
・衛星測位システム
・冷陰極型電子源
・自動車用予防安全技術
・鉄道管制システム
・ナノファイバー
・核酸医薬
・ウェアラブルコンピュータ
・電気化学キャパシタ

その他にも、中国特化型テーマ(中国への出願を中心に読み込む調査)として下記のテーマが調査されています。
・香料関連技術
・TL(Gas to Liquids)関連技術
・液晶表示素子
・ターニングセンタ及びマシニングセンタ
・風力発電
・ディスプレイ用ガラスの製造技術
・塗料
・ワイヤハーネス
・情報端末の筐体
・ユーザインターフェイス

調査内容の概要は、下記ページで見ることができます。
http://www.jpo.go.jp/shiryou/gidou-houkoku.htm

報告書の全文は、冊子の形で、特許庁図書館や国立国会図書館、各道府県の知財総合支援窓口は閲覧できるそうです。

自社で技術開発する場合や注目技術を使用したサービスを展開する場合には、特許情報を体系的にまとめた、このような報告の内容を基礎知識としてチェックしてみてはいかがでしょうか。

さわべ特許事務所
http://sawabe-pat.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です