知財情報

IPA :DX白書2021公開

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、2021年10月11日に「DX白書2021」を公開しました。
https://www.ipa.go.jp/ikc/publish/dx_hakusho.html

サブタイトルとして、「日米比較調査にみる DXの戦略、人材、技術」と記載されています。

IPA新白書有識者委員会 委員長代理 羽生田 栄一氏の巻頭言には、委員の皆さんの言う、同じこととして「まずは経営者自身がデジタルの意味を率先して理解し、自分は何のため誰のためにビジネスをしているかという覚悟とビジョンを提示し、DX推進のリーダーシップを発揮することが何よりも大切であるということ。」が記載されています。

総論は、本白書の重要部分の要約であり、DX推進に携わる方にぜひ知ってほしい内容を戦略、人材、技術の3つの切り口でコンパクトにまとめたものだそうなので、自社のDXを考える方は一読しておくべきだと思います。

自社のDXを推進する覚悟が決まったうえで、自社で取り入れたいアイデアを探す際には、他社の技術が開示されている特許情報を検索し活用を考えることもオススメします。

さわべ特許事務所
https://sawabe-pat.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です