知財ニュース

鳥取県:カニでのブランド化

鳥取県は、カニのブランド化に力を入れていると記事が伝えています。
https://www.asahi.com/articles/ASNDK3FTLND4PTIL033.html

鳥取県は、「蟹取(かにとり)県」を自称しているそうですが、調べてみるとちゃんと商標登録してありました。

蟹取県(登録6023390)
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2017-074288/65D16D4BDF5FB82324FB7A67D74F6E17EB3C484DDF6D8FCE0F687D82093AA66F/40/ja

最高級のズワイガニを「五輝星(いつきぼし)」と名付けてブランド化と紹介されていますが、こちらも商標登録されています。

五輝星(登録5862367)
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2015-094122/466E5A5C6ABD5196A1F4EBEB96B6BAF263D615E4AA50FD156BD6C8FB448ACB9F/40/ja

「五輝星」は、2016年に登録され、「蟹取県」は2018年に登録されています。
ここ5年ほどの間にブランド化への意識が高まってきた感じですね。

このようにニュースに取り上げられたときに、きちんと商標登録されていると、知財への意識の高さもアピールできると思います。

写真は、ズワイカニです(鳥取ではなく、北海道石狩市のふるさと納税の返礼品なので、ズワイガニです)。

さわべ特許事務所
https://sawabe-pat.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です