技術情報

養豚業:AI活用2社

コーンテックが提供するAIカメラによる豚の体長・体重の自動計測機能について記事が伝えています。
https://japan.cnet.com/article/35178909/

コーンテックのニュースリリースはこちらです。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000058347.html

また、豚も風邪を引くと「ゴホンゴホン」とせきをすることから、豚の発する音を解析し、結果をライトやアラームが鳴る仕組みが紹介されています。
https://www.asahi.com/articles/ASPCX72KPPC5ULOB00F.html

NTT東日本のニュースリリースはこちらです。
https://www.ntt-east.co.jp/kanagawa/information/detail/20211101_01.html

このように、AIは、さまざまな分野で実装され、活用されています。

NTT東日本のニュースリリースをみると、「AIカメラを活用した体重・体格・肉質の計測および推定算出、飼育状況のデータ活用などのシステム化」に関する実証実験を実施しているとの記載がありますので、コーンテックの技術と重複するところがありそうです。

AIを活用する分野でも、特許権の取得は可能ですので、AIを新規な分野に活用するアイデアが浮かんだ場合は、一早い特許出願をお勧めします。

さわべ特許事務所
https://sawabe-pat.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。