知財ニュース

産学連携:IoTプラットフォーム、認知症患者向け実証事業で採用

NECと九州大が開発した「My-IoT開発プラットフォーム」が、東京都の「大学研究者による事業提案制度」のシステムに採用と発表されたと記事が伝えています。
https://news.mynavi.jp/article/20210826-1955920/

「AIとIoTにより認知症高齢者問題を多面的に解決する東京アプローチの確立」(東京アプローチ)を実現するシステムのエッジコンピューティングプラットフォームとして株式会社ケアコムに採用され、2021年9月から稼働を開始するそうです。

九州大学のプレスリリースはこちらです。
https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/notices/view/2009

NECのプレスリリースはこちらです。
https://jpn.nec.com/press/202108/20210825_01.html

どのシステムでも共通するような部分については、プラットフォーム化して使いやすくすると普及が進みそうですし、ベーシックなシステムが構築され、実際に使われて検証できれば、そのシステム自体が多くの自治体で利用されそうです。

このシステムが上手くいけば、東京都全体に拡大し、全国へのモデルの提唱も考えられているそうなので、広く普及されることを期待したいです。

さわべ特許事務所
https://sawabe-pat.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です