知財情報

特許庁:広報誌「とっきょ」Vol.48発行

本日(2021年3月25日)に広報誌「とっきょ」Vol.48発行が発行されました。
https://www.jpo.go.jp/news/koho/kohoshi/index.html

今号は「スマート農業」が特集されています。
「スマート農業」とは、「ロボット技術やICT(情報通信技術)を活用して、省力化・精密化や高品質生産を実現する新たな農業」(農林水産省ウェブサイト定義)だそうで、IT技術が活用される分野で、特許出願も年々増加しています。

先週の日本IT特許組合の「イスラエル発先進企業 最新の特許を読む」オンラインセミナーのなかでも、Prospera Technologies の発明の「植物の自動監視システム」を紹介しました(US 10349584B2)。
https://patents.google.com/patent/US10349584B2/en?oq=US+10349584B2

実際に提供されているシステムは、Prosperaのウェブページで紹介されています。
https://www.prospera.ag/row-crops

農場を衛星、ドローン、土壌プローブで監視し、入手したデータをAIで分析することによって、栽培者にさまざまな情報を提供するとともに、ロボットの操作指示もするという、トータルで農場を管理するシステムです。

デジタル空間でのデータのやりとりだけでなく、自然を相手にする大規模なシステムにもIT技術は大きく貢献し実用化される場面がますます多くなりそうです。

さわべ特許事務所
https://sawabe-pat.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です