知財ニュース

東海理化:エンジン始動に指紋認証

東海理化は、指紋認証機能が付いたエンジンスイッチを開発したと記事が伝えています。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/210806/bsc2108060554006-n1.htm

https://response.jp/article/2021/08/03/348287.html

TOYOTAのニュースリリースはこちらです。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/35758385.html

ニュースリリースでもトヨタ初の指紋認証スタートスイッチを採用したと記載されています。

指紋認証に関する特許出願をJ-Platpatで検索してみると、株式会社東海理化電機製作所単独の特許出願が1件、株式会社東海理化電機製作所とトヨタ自動車株式会社との共同出願が3件出願されています。

これらの特許出願には、「指紋センサの放射ノイズ低減」や「指紋センサに不用意に触れたときに車内の快適性に影響を与えるおそれを抑制」、「車両の鍵情報と生体情報とを用いて認証を行う場合に、車両が始動可能な状態になる迄の時間を短縮する」等、車両で指紋認証装置を使用する際のさまざまな課題を解決する発明が記載されており、指紋認証装置で発生する課題を多角的に保護して、他社が参入する際に障壁となる権利の取得を目指したものと思われます。

指紋認証を車両のスタートスイッチに採用するような、一見従来技術を組合せただけのようにみえる発明でも、車両に指紋認証を組合せることによって生じる課題を解決する方法や装置が発明となり、特許権を取得できる可能性があります。

従来技術の組合せにすぎないと思っている技術であっても、特許を取得できる発明が隠れているかもしれませんので、そのような目で自社の技術を見直してみてはいかがでしょうか。

さわべ特許事務所
https://sawabe-pat.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です