知財ニュース

商標:宮崎マンゴー「太陽のタマゴ」

宮崎マンゴー「太陽のタマゴ」が初競りで20万円で落札されたと記事が伝えています。
https://kahoku.news/articles/knp2021041501000694.html

もちろん、商標「太陽のタマゴ」は、宮崎県経済農業協同組合連合会によって平成11(1999)年 7月 23日に商標登録されています。
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-1998-031930/DC4AD907A0B06E567DB92FDA4CF4B51D6EB91DE04707C01EA493CCDECB66EF44/40/ja

20年以上も前から商標を登録し、高品質の宮崎マンゴーに商標を使い続けてきたことによって、その商標が付したマンゴーは、糖度も高く美味しいという品質が認知されて、高額な価格がついたものと思われます。

商標を付して、他の商品やサービスから識別するだけでなく、その商品の品質やサービスの質を弛まぬ努力で向上させ続けること、そして表には出ていませんが、他社が同じ商標や類似した商標を使用することに対し、毅然と対応することによって、ブランドとしての価値が高まっていくものと思われます。

まずは、自社の商品やサービスが他社の商品やサービスに間違われることがないよう、商標を決め、後から他社に登録されて使えなくならないよう、商標登録してみてはいかがでしょうか。

さわべ特許事務所
https://sawabe-pat.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です