技術情報

スタンフォード大学:枝を鷲づかみして木に止まるドローンを開発

スタンフォード大学の研究チームは、鳥と同じように木の枝に止まれるドローンを開発したと記事が伝えています。
https://japan.cnet.com/article/35180364/

スタンフォード大学の発表資料はこちらです。
https://news.stanford.edu/2021/12/01/bird-like-robot-perches-grasps/

鳥は、どのような枝や電線にも、器用に留まることができることに着目した技術ですね。

このような物が存在して動作する分野では、自然から学ぶことが多く、技術が進み、それを再現できるようになることで、いままでできなかったことが可能になる、ワクワクする時代に私たちが生きていることを感じることができます。

日本自然保護協会の情報マガジンでも、自然から学んで生まれた、さまざまな技術が紹介されています。
http://nacsj.net/magazine/post_138.html

発明のヒントは、さまざまなところに存在しています。

さわべ特許事務所
https://sawabe-pat.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。